TOP製品|MoNo.BOTTLE

 

包装・容器製品(ボトル)の設計支援システム 『MoNo.BOTTLE』

STL形式でボトルデータを読み込み、ボトルの満杯時の容量や入れ目線高さ での液料、重心位置や転倒角度の計算などを行い、EXCEL形式で出力します。

 

 

 主要機能 

 

  ファイル入出力
   

STL形式のデータを入力し、EXCEL形式でボトルのプロパティおよび評価結果をテキスト形式で出力します。

 

 

  表示

 

視点変更(回転)や拡大縮小、任意の断面を表示するクリッピング表示を行います。
また、ワイヤーフレーム表示とシェーディングの表示切替も可能です。

 

  ヒーリング
   

読み込んだSTL形式のデータとヒーリング(縫い合わせ、穴埋め、表裏合わせ)を行います。

 

 

  ボトル評価
   

ボトルの評価を行います。

  1. ボトル形状の認識
    入力したボトル形状の姿勢の決定を行います。
    デフォルトでは、X方向が正面でZ方向にボトルが立ちます。
    XYZ方向最長軸をボトルの縦軸として自動認識します。

  2. ボトル諸元の入力
    次のボトル諸元は、ボトル諸元D/Bとして保存することも可能です。
    ・形状ファイル名
    ・ボトル名称
    ・材質(材質名称、重量、密度)
    ・充填量
    ・口元部(形状、高さ位置、厚み)
    ・取っ手部


  3. ボトルの基本計算
    形状御とボトル諸元を基に計算を行い、計算結果を出力します。
    ・表面積(全体、胴体部、天面部、底面部、口部)
    ・体積(全体、胴体部、底面部、口部)
    ・満杯時の容量
    ・肉厚
    ・重心位置(中身あり/中身なし)


  4. 指定容量の入れ目線高さ計算
    ボトル諸元に規定された充填量または任意の充填量を入力することで、液面の高さを計算して表示します。


  5. 指定入れ目線高さ
    入れ目線高さの指定により内容量を求め、入れ目線高さ位置を表示します。

  6. ボトルの転倒角度計算
    支点位置の指定により、液体が入っている前提でボトルの転倒角度を求め、転倒直前の姿勢のボトルの姿勢を表示します。

 

 

 動作環境 

Micorosoft Windows 7、8、10 (64bit版)
.NET 4.5

 

 

お問い合わせ

MoNo.BOTTLEに関するお問い合わせは、下記メールアドレスにご連絡ください。

E-mail : solution@monocommunity.com