TOP|採用情報

 

エンジニアに会う

 

 

エンジニア
北清 拓実(キタセ タクミ)

 

志望動機

エンジニアとしての能力を高める環境が整っていると思ったからです。
当社は多種多様なものづくり企業のプロジェクトに取り組んでいますし、プロジェクト実現のために数学などの専門技術を積極的に活用しています。そのためエンジニアとしての幅広い経験と技術力が得られると感じて当社に決めました。

私の仕事

設計上の加工データと実際に加工したときの誤差を検証するソフトウェアの開発を行っています。
より正確な検証結果を得るためには、データに対してどのような補正を行うかが必要です。適切な補正を行うためのアルゴリズムを考え、プログラムに実装するのが私の仕事です。
アルゴリズムの検討、プログラミング、お客様との打ち合わせなどを繰り返して、ソフトウェアを完成させていきます。 また、開発したソフトウェアの使用方法を説明したチュートリアルの作成なども行います。

仕事の醍醐味

仕事をする上での面白さは、ソフトウェアの要件を満たすための実用的なアルゴリズムを構築できたときで、お客様が求めていることの実現に一歩近づいたと感じることができます。
また嬉しかったのは、開発したソフトウェアに対してお客様から良い反応をいただけたときで、良いソフトウェアを開発できて良かったと満足感を得られます。
お客様の期待通りに形作っていくことが、この仕事の醍醐味だと思っています。

大変だったこと

ソフトウェア開発を行う上で分からないことが出てきたときです。
例えば、不具合の原因が分からなかったり、お客様の要望を満たすためのアルゴリズムが思い浮かばなかったりしたことです。分からないことがあると開発が滞ってしまうため、非常に困ります。不具合の原因を見つけるために問題点の整理を行ったり、自分が実装できない機能と似た機能を開発した経験がある先輩エンジニアを探したりしました。

目指しているエンジニアの姿

当社の社員として、またエンジニアとしてお客様の要望を正確に効率よく実現できるような能力を高めることを目指しています。
当社の強みは自社製3次元フレームワーク「MoNo.RAIL」とプログラミングだけではなく、専門技術力の高さにあります。 現在の自分は当社の基盤ソフトウェアであるMoNo.RAILを活用する力も、プログラミングも含めた専門技術力も不足していると感じます。真の意味で当社を支える社員となれるようにこれらの能力を磨いていきたいと思っています。


ミニインタビュー

職場の雰囲気は?

職場はすっきりとしており、静かで落ち着いた雰囲気です。自分の仕事に集中しやすい環境が整っています。
また、フリードリンク制で、好きな時に飲み物を自由に飲めるのも気に入っています。

同僚はどんな人?

「目的を考えて行動する」ことを大事にしています。直面している問題をどう解決すべきか質問したときも、単純に解決策を教えてくれるのではなく、「問題の中で解決すべき本質的な要素は何か」を考えさせた上で解決策を提案してくれます。